Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)の考えるオリジナリティとは?

 

オリジナリティのある~とか良く聞きますが、オリジナリティって何なんでしょうって話。

 

以前会社員として働いていた時の事、専門店に営業に回っていました。商材は財布メインにバッグ等で、所謂卸の営業と言うやつです。ある店舗に行った時に「これ他社で同じの見た事ある」って言われたんですよ。こっちはデザイナーがいてしっかり企画して作っていたので、他社と同じな訳がないんです。

 

「ぶっ殺すぞ」

 

「えっどれですかちょっと見せて下さいよ」って言ったんです。それで確認させて貰ったらまぁ同じでしたよ(笑)

 

厳密に言うと同じでは無いんです、こちらは型をオリジナルで作成していたので、形がちがうんですね。ですが他社と素材が同じだったんです。財布というカテゴリーなので型をオリジナルで作成しても、財布という形から逸脱する事は出来ないので、素材が同じだと同じ財布に見えちゃうんですね。

 

こちら側からしたら「全然違うでしょ」ってなるんですが、大多数の人は「同じやん」ってなると思います。「しかもこっちの方が安いし」とか。

 

この経験があって私が西陣織を使った和雑貨ブランドAtelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)を立ち上げた時に決めた事がこれです。

 

 

 

素材で他社と同じは止めよう、絶対真似出来ないオリジナルの西陣織の生地を使おうと

 

上記の体験は何故起こったのかと言うと、国内の素材の出所ってみんな殆ど同じなんですよ。だから普通に同じ素材が他社ブランドで使われていたりします。(超有名ブランドとかはまた別ですよ)じゃあみんなオリジナルで生地つくれば良いじゃんってなるかもしれませんが、そこはコストとロット(生地の)の関係で出来るところはそうそうないです。

 

そこを私はクリア出来ると思ったので、オリジナルの西陣織を強みにしていこうと決めました。

 

ほんとにここだけは威張りたい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

特集