Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

西陣織の伝統工芸士とAtelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)の西陣織は伝統工芸士が作っています

 

だから何やねんって言われたらそれでおしまいですが・・・本当にちゃんとした西陣織の生地を使っていますのでご安心を。

 

あと本当にどうでも良いと思いますが、その伝統工芸士、私の先輩なんですよ(笑)

 
 
後継者不足等により低迷している伝統的工芸品産業の需要拡大を狙って1974年(昭和49年)に誕生した制度。伝統工芸士は、その産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、その技を後世の代に伝えるという責務を負っている。そのため、産地伝統工芸士会に加入し、産地における伝統工芸の振興に努めることとなる。誕生時は通商産業大臣認定資格であり、経済産業大臣認定資格を経て、現在は(財)伝統的工芸品産業振興協会が認定事業を行っているが、伝産法の規定に基づく言わば国家資格である。

Wikipediaより転載

 

 

結構簡単なのかと思ったらそうでもないようです、知識試験と実技試験、それと面接とかもあるみたいです。面接とかもうこの歳でやりたくないですね(笑)

 

現在約4500名ほど伝統工芸士に認定されているそうですが、これって多いのかな?

西陣織以外にも勿論あるでしょうし、どうなんでしょう。

 

どの伝統産業も後継者不足ってなってるって聞きますが、これはまぁ仕方無いなぁとも思います。

「好きこそものの上手なれ」って良く言いますが、まず生活出来なきゃ無理でしょ。若い後継者を雇えるレベルにある伝統産業がいったいどれ程あるのか・・・西陣織を使った和雑貨ブランドを立ち上げた身なので、何とか盛り上げていきたいと思っています。

 

応援宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

特集