Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

最高級の縞経で織られた西陣織タータンチェック

目を奪われるほど高精細な西陣織のタータンチェック

 

織物の経糸(タテイト)って通常は黒とか白とか1色で、緯糸(ヨコイト)で変化をつけてチェック柄とか織っていくのですが、経糸を織機にかけていく時に(整経と言います、セイケイ)予め決められた縞模様で経糸を織機にかける事があります。これを縞経と言うのですが、その経糸がなくなるまでずっとその模様が出ます。他の柄を織れなくなくなるんですね。まぁ途中で残すような事はしないので、他の柄を織る事なんて無いのですけど。

 

縦横共に同じ模様の柄を織るとサムネイルの様な、非常に美しいチェック柄を織ることが出来ます。大量生産の生地屋で流通しているような生地なら普通にあるでしょうが、国産の西陣織シルクジャカードの生地でこの様な縞経の生地を使った商品は、ほぼ出回らないのではないでしょうか。極細のシルク糸で極限まで高密度で織られた生地は、他の追随を許さない品質です。

 

最高級の西陣織タータンチェックを使ったがまぐち眼鏡ケース

 

 

そんな貴重な生地を使った商品ですが、在庫も殆ど無くなってしまいました。追加しようにも追加出来ないので、本当に早い物勝ちです。

 

何故かminneにおいてあります(笑)

 

 

 

今は国内向け販売はBASE店に集約しているので、minneには1個しかないサンプル品等がおいてあります。(通常の商品もあります)

 

そのうち全てBASE店に移動しようかと思っています。

 

あと同じ生地でカードケースも作りました、こちらは残念ながら売り切れです

 

 

 

このカードケースに使っている金具は少し変わっていて捻って開けるタイプです、一応分類的にはがまぐちになるのかな?片手で簡単に開け閉め出来るのでさっと名刺等を取り出すのに最適なカードケースです。結構気に入っている形なので生地を変えて販売するかもしれません。またその時はあらためて告知したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

コメントは受け付けていません。

特集