Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

西陣織の経繻子がとても美しいモダンな花柄

 

経繻子、ぱっと読める人おられますかね?これはタテジュスもしくはタテシュスと読みます。繻子は朱子とも書きます。私も最初はなかなか慣れずにタテ糸の事を縦糸と思っていたりしましたが、今はもう洗脳されています(笑)

 

さて織物には三大組織というものがあります。全ての織物の基本となる織り組織の事です、今日まで膨大な織り組織が開発されてきましたが、全てこの基本組織から派生しています。

 

平織・綾織・そして今回の繻子織です。(繻子よりサテン地と言った方が判りやすいかも。テカテカの奴です)

 

 

シルクの美しさが際立つ西陣織の繻子織

 

 

画像の花柄、グリーンが判りやすいと思います。この真ん中のグリーンの生地、花弁は全て緯糸で表現しています。では地色の紺も緯糸なのでしょうか?

 

実はこの紺色が経糸なのです(織組織が経繻子になります)

 

花弁のグリーンも柄的にべったり横向きに通る構造をしていますが、殆ど経糸に隠され見えません。非常に緻密に構成された柄というのが判るのではないでしょうか。

 

織物の構造上、経糸のみや緯糸のみで柄を構成する事は出来ません、何故ならスリップしてしまうからです。経糸は緯糸でスリップしないように留めないといけないですし、逆もまたしかりです。

 

じゃあこの柄スリップするんじゃ・・・と思うかもしれませんがちゃんと組織上は留まっているのでご安心ください。ルーペで拡大してやっと確認出来るレベルで留まっています。これぞ西陣織の技というか日本人の繊細さが可能にした芸当ではないでしょうか。

 

また経糸がべったり出ているように見えて緯糸も出ているので、同じ経色を使ったグレーと少し紺色が違って見えるのも判るでしょうか?表面に出ている紺色は同じでも裏に通っている色が違うので、同じ経色を使っていても目に見える色は違って見えてきます。白地に赤を塗った場合と黒地に赤を塗った場合とで見え方が違って見えると思いますが、同じ原理です。

 

経糸と緯糸で構成された織物ならではの表現です。

 

 

 

こっちの柄の方が判りやすいかも。

 

べたっとブルーが通っている上を経糸が被さって柄を表現しています。

 

 

経繻子や緯繻子の柄は表面が非常に滑らかで、シルクの滑らかな手触りを楽しめる織り組織の一つになっています。是非店頭でも気にしてみて頂くと面白いと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Atelier Kyoto Nishijin/撥水加工・西陣織シルク・抗菌・抗ウイルス・がまぐちマスクケース・小花吹雪・日本製

通常価格

4,290

(税込)
国内BASE店で購入 アマゾンで購入 Buy at shopify

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

応仁の乱の時代に誕生した西陣織が令和の必需品「マスクケース」に生まれ変わって登場!   ●内生地に抗菌・抗ウイルス加工を施し、中のマスクを常に清潔に持ち運び!   ●片手で簡単開け閉め、サッと取り出し、サッと仕舞える、がまぐちタイプのマスクケース   ●置いてあるだけで様になる、西陣織シルクの圧倒的な存在感、撥水加工…

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

コメントは受け付けていません。

特集