Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

京都とブランド名に入っているのに、何故京都に来ても買う事が出来ないのか?

*SNSでシェアする*

アトリエキョウトニシジンの商品ラインナップ イメージ画像 ロゴ入り

 

実はそうなんです、Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)の商品は「京都」「西陣織」と言っているにも拘わらず、京都に来ていただいても買う事が現状出来ません。WEB販売のみとなっており、国内はBASE店とAmazonでのみ販売しています。

 

 

これには色々理由があるのですが、今日はそれを少しお話したいと思います。

 

 

品質重視の為、店頭で販売出来る価格設定ではない

 

専門店の卸を経験されていた方には良く判って頂けると思うのですが、商品がお客様の手元に届くまでに間には色々あって、徐々に徐々に販売価格が高くなっていきます。(高くなるというか高く設定しておかないとそもそも利益が出ないというのが正しいです)

 

 

例えば原価1000円の商品があったとしましょう。

 

これをWEBでお客様に2000円で販売するとします。1個売れると1000円の儲けですね。実際は送料や諸々経費が乗って来るのでもう少し乗せたい所ですが、まぁ赤字では無いので良しとします。

 

ではこの2000円で販売する商品を小売店の店頭で売って貰うとどうなるか・・・お店に卸す価格は交渉次第ですが、今は大体販売価格(上代)の45%~55%位が平均かと思います。

 

これを掛け率と言います。

 

掛け率45%だと900円です、-100円ですね。掛け率55%で1100円、100円の儲けです。この卸率は70%とか80%でお願いしても絶対に通りません、お店側も商売なので1個売って200円~300円しか儲からないような商品は仕入れする事が出来ません。

 

じゃあどうするかというと販売価格を4000円にするのです。そうすると掛け率45%で卸しても1800円で卸せることになり、1個売ると800円の儲けになります。掛け率55%だと2200円で卸せ1200円の儲けになるので、WEBで2000円で販売するより数字上では儲かることになります。

 

でも2000円で販売出来ていた商品を店頭で4000円で販売してもお客様が手に入れる商品は同じなんですよ。

 

そりゃ儲かる方が良いですし、儲からないと商売やっている意味がないですが、どうしても今の店頭に並んでいる商品を見ると納得出来ない自分がいるのです。

 

 

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)は利益が少なくても商品の適正価格を重視したい

 

商売している側からすれば1000円の物を4000円や5000円で販売出来れば最高なんですよ。最高なんですがやっぱり商品には適正価格というのがあると思っていて、誰もが知っているナショナルブランド以外はそんな価格で販売すれば売れないのです。

 

また購入されるお客様からしても商品が手元に届いた時の満足感が違うと思っています。高いお金を支払って手元に届いた商品を見て、想像していたのと違ってちょっとがっかりする、そんな経験ありませんか?

 

WEB販売というのは商品を実際に見て購入して頂くのではありません、奇麗に写された画像と商品説明だけで納得して購入して頂くのです。届いた時に想像していた物と違うという現象は結構な頻度で発生してしまうのではないかと思っています。

 

ガシガシに修正された写真を見て可愛いと思っても、実際会ってみると全然違うやんけ!ってやつと一緒です

 

 

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では出来るだけそうならないように「価格と品質のバランスを取る」をブランドコンセプトの一つに掲げています。(興味ある方はここから見てみて下さい、ちょっと長いですが・・・)

 

 

 

偉そうな事を書いていますが、何処を販売の主体で考えるかだと思っています。WEB販売主体なのか店頭販売主体なのか、私たちはWEB販売主体で考えているので、結果的に店頭販売しにくい価格になってしまっているのです。

 

それプラス商品ごとに私がどれ位の価格帯がしっくりくるのか、品質とのバランスを考えて価格を決定しています。

 

通常は商品原価から販売価格を決定しますが、私たちの商品に限っては少し違います。その為「価格と品質のバランスが取れた商品である」と自信を持っておススメ出来る商品に仕上がっているという自負があります。

 

私たちの商品は絶対に品質には満足して頂けるという自信があります、是非一度貴方の目でお確かめ下さい。

 

 

店頭では絶対販売しない?出来ない?

 

いえそんな事はありません、徐々にですが店頭でも販売していこうと思っています。実際に商品を見てみたいというお声も頂戴しているので。

 

ただどうせやるならお互いが納得出来る条件で販売していきたいと思っているので、すぐには難しいかと思いますが、今後店頭で販売出来るところが増えればこのサイト上にて報告させて頂きたいと思っています。

 

それまではどうぞWEBサイトの方でご検討頂ければと思います。商品について御質問等があればお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ネットショッピング いらすと

 

*SNSでシェアする*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)は、
日本の伝統工芸品に指定されている京都の西陣織を使った和雑貨ブランドです。
人気の抗菌・抗ウイルスマスクケースや財布、化粧ポーチ、バッグ等を、
シルク100%の生地から全てオリジナルで企画・製造・販売しています。

和服だけでは無く洋服にも合うように「普段使いが出来る可愛い和雑貨」を
コンセプトの一つに掲げ、伝統的な職人技でモダンに生まれ変わった和小物達は、
大人のお洒落を楽しみたい方に特におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93番地 
KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金:11:00~19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

特集

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

〒600-8815
京都市下京区中堂寺粟田町93番地
KRP4号館3階 KRP BIZ NEXT

*お問い合わせはメールにてお願いします
shop@atelier-nishijin.kyoto

10:00〜19:00
定休日 土・日・祝日