Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

数寄屋袋(すきやぶくろ)ってご存じ?

数寄屋袋(すきやぶくろ)とは・・・懐紙入れよりも少し大きくて、主にお茶会などに袱紗・扇子・懐紙・菓子きりなどを入れる事の出来る袋物の事です。形状的にはクラッチバッグがイメージし易いかもしれないですね。フラップが付いていて主にマグネットが開閉に使われている事が多いです。

 

知り合いの方から生産出来る工場を教えて頂いたので、ちょっとサンプルを作ってみました。ただ私たちがそのまま数寄屋袋を作って販売するのには畑が違い過ぎるので、Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)流にアレンジしようと思います。

 

 

 

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)流の和風クラッチバッグ

 

普段使いの出来る和風クラッチバッグです。丁度大きさがB5サイズのタブレットが入る大きさなので、タブレットケースとしても使えますし、バッグインバッグとして小物入れとしても使っても良いかもしれません。

 

形は数寄屋袋のままなのでどうなんでしょう、そのまま数寄屋袋としても使えるんでしょうか?(何か私の知らないルールみたいなのがあるのかも・・・)生地は正真正銘の西陣織の正絹生地なので着物にも合うと思います。

 

今はまだサンプルの段階なので、適当にペイズリー柄にしましたが、生産生地はどんな柄にしようか考え中です・・・余りぶっ飛んだ柄にすると和風じゃなくなるし、和に振りすぎると、それは普通に数寄屋袋だろってなりますし・・・匙加減が難しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

コメントは受け付けていません。

特集