Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

がまぐち(がま口)って日本の物?

 

がまぐち(がま口)は実は舶来品

 

がまぐち(がま口)って日本固有の物ってイメージがありますよね?蝦蟇(ガマ)って言う位だし日本オリジナルだろうと思いますよね?

 

「そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」

 

実は調べてみるとそうでは無いようなんですよ・・・

 

時は明治時代に政府の御用商人として西洋を巡った山城屋和助という商品が、当時フランスで大流行していた口金製のバッグを持ち帰ったというのが始まりとされています。まだ日本では馴染みのなかった口金式のバッグを日本で売り出し、徐々に広まって定着していったと言われています。商売の基本と言えば基本ですね、今の情報社会では中々難しいとは思いますが、流石商人という感じです。

 

ちなみにがまぐち(がま口)の事は英語ではclaspとかmetal claspと言います。当時流行っていた口金バッグの画像があれば良いんですが、この様なタイプだったのではないでしょうか?

 

と思ったら手元に参考画像すらなかったです・・・パーティバッグをイメージしてみて下さい。パーティバッグにはがまぐちそのものズバリの仕様のも多いですし、つまみを後ろ側へ倒して開けるタイプの口金バッグなど良くあると思いますが、その辺りのバッグだったのではないかなと思っています。

 

現在はダレスバッグ(お医者さんが良く持っているバッグ)など、その辺りの口金式のバッグの流れを汲んでいるように思います。

 

 

がまぐち(がま口)は何故がまぐちって言うの?

 

 

フランスで流行していた口金式のバッグを日本向けに財布に仕立ててがまぐち財布が生まれたとされています。なぜがまぐちと呼ばれるようになったかというと、ガマガエルが口を大きく開いた形に似ているからとされています。推測ですが、新しい財布を売り出す時に売りやすい様に「出て行ったお金もカエルよ!」と語呂合わせしたのではないかと思います。縁起物として売った方が売りやすいでしょうし。

 

今でもやっぱり財布って黄色(金色)の財布は金運が上がると言われていますし、実際黄色(金色)の財布って良く売れますし、通販カタログ等の財布のページ、良く見て下さい、高確率で黄色の財布ありますから(笑)

 

他にも財布を買う日は一粒万倍日が良いとか色々ありますよね。その辺りの詳しい話もまた別の機会に書きたいと思います。

 

当時は真鍮を使って職人の手作りだったので高価なもので、庶民にはなかなか手が出ない品物だったようですが、安価な金属が使われるようになったり、手作りから金型を使った大量生産が可能になったりで徐々に広まって現在に至ります。

 

 

がまぐちの填め方

 

最近はがまぐちを自作される方も増えてきたね、簡単ではありますが一般的ながまぐち金具の填め方を書きたいと思います。

 

まずがまぐちの填め方は二種類あります。

 

一つ目は金具の間に生地を挟んで、金具自体を潰して固定するやり方、これは安価な方法で仕上がりもガタガタで美しくありません。コストを抑えた海外製に多かったイメージですが、今はどうなんでしょう。

 

もう一つは金具の間に生地と紙縒りを差し込んで固定するやり方です。日本のがまぐちはほぼこの方法かと思います。

 

 

ちょうど画像に紙縒りが写っていますね。これを隙間に差し込んで抜けないようにします。(最終的には接着剤で固定)

 

専用のヤットコという工具を使って固定していきますが、慣れないと大変難しいです。

 

 

 

最近のがまぐち事情

 

日本のがまぐち職人さんですが、高齢化等により非常に少なくなってきています。高齢化だけではなく、商品の低価格化の弊害もあってどんどん廃業されてきました。

 

今後国産のがまぐちの財布は貴重な物となってしまうかもしれません。

 

何とかして職人を守りたいと思っており、私たちAtelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では西陣織と上手く組み合わせたがまぐちの商品を色々取り揃えていきたいと思っています。

 

是非一度手に取って職人の技を見てあげて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Atelier Kyoto Nishijin/西陣織シルク・がま口長財布・京組紐ストラップ付・ギンガムチェック・ネイビー・日本製

通常価格

13200

(税込)
国内BASE店で購入 アマゾンで購入 Buy at shopify Buy at amazon

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

西陣織と京組紐、受け継がれてきた伝統技術の競演!   ●手触り最高の西陣織シルクジャカードのギンガムチェック   ●使い方色々!京組紐で編まれた完全オリジナルのシルクストラップ   ●財布機能は勿論、スマホもすっぽり入る大容量がまぐち財布   ●全て手作業で制作され、美しいシルエットと耐久性、全てのパーツが安心の日本製 &nb…

Atelier Kyoto Nishijin/西陣織シルク・がま口長財布・京組紐ストラップ付・ギンガムチェック・ブラウン・日本製

通常価格

13200

(税込)
国内BASE店で購入 アマゾンで購入 Buy at shopify Buy at amazon

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

西陣織と京組紐、受け継がれてきた伝統技術の競演!   ●手触り最高の西陣織シルクジャカードのギンガムチェック   ●使い方色々!京組紐で編まれた完全オリジナルのシルクストラップ   ●財布機能は勿論、スマホもすっぽり入る大容量がまぐち財布   ●全て手作業で制作され、美しいシルエットと耐久性、全てのパーツが安心の日本製 &nb…

Atelier Kyoto Nishijin/西陣織シルク・がま口長財布・京組紐ストラップ付・ギンガムチェック・パープル・日本製

通常価格

13200

(税込)
国内BASE店で購入 アマゾンで購入 Buy at shopify Buy at amazon

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

西陣織と京組紐、受け継がれてきた伝統技術の競演!   ●手触り最高の西陣織シルクジャカードのギンガムチェック   ●使い方色々!京組紐で編まれた完全オリジナルのシルクストラップ   ●財布機能は勿論、スマホもすっぽり入る大容量がまぐち財布   ●全て手作業で制作され、美しいシルエットと耐久性、全てのパーツが安心の日本製 &nb…

Atelier Kyoto Nishijin/西陣織シルク・がま口長財布・京組紐ストラップ付・ギンガムチェック・レッド・日本製

通常価格

13200

(税込)
国内BASE店で購入 アマゾンで購入 Buy at shopify Buy at amazon

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

西陣織と京組紐、受け継がれてきた伝統技術の競演!   ●手触り最高の西陣織シルクジャカードのギンガムチェック   ●使い方色々!京組紐で編まれた完全オリジナルのシルクストラップ   ●財布機能は勿論、スマホもすっぽり入る大容量がまぐち財布   ●全て手作業で制作され、美しいシルエットと耐久性、全てのパーツが安心の日本製 &nb…

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

コメントは受け付けていません。

特集