Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン) Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨をコンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

マスクケースにがまぐちを使った理由とは?

*SNSでシェアする*

西陣織マスクケース マスクを取り出すイメージ2

 

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)は京都の西陣織を使った素敵な和雑貨をお届けしているオリジナルブランドです。ここ京都から伝統的な西陣織をモダンに生まれ変わらせたお洒落な和雑貨をお届けしています。

 

令和のコロナ禍に伴って、今まででは考えられない商品が売れたりしています。その中のひとつにマスクケース(マスク)があると思います。もう復活しましたが一時はマスク争奪戦の様な感じでしたね。

 

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)でも昨年クラウドファンディングに挑戦したりしたマスクケースですが、購入されたお客様からも好評で販売して良かったなと思います。お客様から頂いたレビューは上部メニューのお客様の声にありますので、気になった方は見て頂けると嬉しいです。

 

さて肝心のマスクケースですがAtelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)のマスクケースはがまぐちを採用しました。色々なマスクケースが販売されていますが、がまぐちタイプのマスクケースは少数派ではないかと思います。携帯性を第一に考えればがまぐちは避けた方が良いですし、価格を考えればもっと機能を減らせば良かったのです。

 

では何故がまぐちを使ったのか?

 

それはこんな想いでマスクケースを企画したからなのです。

 

 

 

開け閉めが片手で出来て、清潔なマスクケースを作りたい

西陣織マスクケース マスクを取り出すイメージ

 

使用済みのマスクや予備のマスクを取り出したりする時に、ワンタッチで開け閉め出来る開閉方法はがまぐちしかありません。

 

ファスナーは片手では開けられませんし、ホックタイプも片手では開けられません。即ち色々な所を触らなければマスクにたどり着けない訳です。ウイルスや菌は目に見えないですし不要な場所を出来るだけ触らない様にしたいなと考えてがまぐちがベストだと考えた訳です。

 

慣れればサッと開けてサッと取り出せますしとても便利な開閉方法だと思います。さらに内側には「抗菌・抗ウイルス加工」を施しましたので、何も加工していない物に比べて安心してお使い頂けます。

 

 

抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術クレンゼの下げ札

 

ただのマスクケースでは無く、使う人の為を思って価格より機能を優先させた結果です。

 

 

マスクをクシャクシャに持つ位ならマスクケースなんて無くても良い

西陣織マスクケース マスク入れた状態

 

マスクを携帯する為にマスクケースへ入れておいたのに、使う時にクシャクシャになってしまう位ならマスクケースなんて必要なくないですか?マスクを付けっぱなしで良い訳です。

 

あえてマスクケースとして販売する為には、如何に持っていれば便利に使えるかを考えました。

 

マスクには色々な種類が販売されていますが、やはり機能性を考えると不織布マスク一択ですね。そこでAtelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)のマスクケースは横長タイプのがま口を使用し、不織布マスクのノーズワイヤーを折らずに収納できる様にしました。

 

 

マスクやフェイスシールドの効果

 

横長のタイプにする事でマスクに不要な織り目も付かず、常に綺麗なマスクを持ち運べる訳です。予備のマスクを入れておいても良いし、家族の分のマスクを纏めてマスクケースに入れて持ち運びが出来たり、様々な使い方が出来るようになっています。

 

勿論不織布マスク以外でも入れる事が出来ます。

 

 

マスクが不要になった時にも使えるマスクケース

 

マスクが不要になった時にマスク以外の物も入れて使えるように内側にはポケットを付けました。今のコロナ禍がいつ終わるのかは分かりませんが、多分ワクチンが十分行き渡るまでは必要なのではないでしょうか。

 

その後マスクケースは不要になりますが、折角買って頂いたマスクケースを別の事にも使って頂けるようなマスクケースにしました。横長タイプなので不織布マスクも折らずに入れる事が出来、マスク以外の物を入れるだけの容量が生まれました。

 

 

西陣織マスクケース マスク入れた状態 お客様提供

 

お客様から頂いた画像ですが、内側のポケットにリップを収納されているのが判るかと思います。余り幅のある物は入れられないですが、化粧ブラシのような細長い物はピッタリ入るのではないでしょうか。

 

また花粉症の方のマスク入れにも(マスクケースなんで当たり前ですが)ピッタリかなと思います。しっかりと内側には「抗菌・抗ウイルス加工」も施しているので、嫌なニオイ対策もバッチリです。

 

是非色々な使い方をして伝統の西陣織を手元に残して長くお使い頂ければ嬉しいです。

 

*SNSでシェアする*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Atelier Kyoto Nishijin/撥水加工・西陣織シルク・抗菌・抗ウイルス・がまぐちマスクケース・グラデーションストライプ・日本製

通常価格

4,290

(税込)
国内本店で購入 国内Amazonで購入 Buy at shopify

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

応仁の乱の時代に誕生した西陣織が令和の必需品「マスクケース」に生まれ変わって登場!   ●内生地に抗菌・抗ウイルス加工を施し、中のマスクを常に清潔に持ち運び!   ●片手で簡単開け閉め、サッと取り出し、サッと仕舞える、がまぐちタイプのマスクケース   ●置いてあるだけで様になる、西陣織シルクの圧倒的な存在感、撥水加工でち…

Atelier Kyoto Nishijin/撥水加工・西陣織シルク・抗菌・抗ウイルス・がまぐちマスクケース・千鳥格子・日本製

通常価格

4,290

(税込)
国内本店で購入 国内Amazonで購入 Buy at shopify

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

応仁の乱の時代に誕生した西陣織が令和の必需品「マスクケース」に生まれ変わって登場!   ●内生地に抗菌・抗ウイルス加工を施し、中のマスクを常に清潔に持ち運び!   ●片手で簡単開け閉め、サッと取り出し、サッと仕舞える、がまぐちタイプのマスクケース   ●置いてあるだけで様になる、西陣織シルクの圧倒的な存在感、撥水加工でち…

Atelier Kyoto Nishijin/撥水加工・西陣織シルク・抗菌・抗ウイルス・がまぐちマスクケース・格子柄・日本製

通常価格

4,290

(税込)
国内本店で購入 国内Amazonで購入 Buy at shopify

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

応仁の乱の時代に誕生した西陣織が令和の必需品「マスクケース」に生まれ変わって登場!   ●内生地に抗菌・抗ウイルス加工を施し、中のマスクを常に清潔に持ち運び!   ●片手で簡単開け閉め、サッと取り出し、サッと仕舞える、がまぐちタイプのマスクケース   ●置いてあるだけで様になる、西陣織シルクの圧倒的な存在感、撥水加工でち…

Atelier Kyoto Nishijin/撥水加工・西陣織シルク・抗菌・抗ウイルス・がまぐちマスクケース・小花吹雪・日本製

通常価格

4,290

(税込)
国内本店で購入 国内Amazonで購入 Buy at shopify

※日本国内への発送は送料無料

※We can also ship internationally,check our oversea store at shopify or amazon.

商品紹介

応仁の乱の時代に誕生した西陣織が令和の必需品「マスクケース」に生まれ変わって登場!   ●内生地に抗菌・抗ウイルス加工を施し、中のマスクを常に清潔に持ち運び!   ●片手で簡単開け閉め、サッと取り出し、サッと仕舞える、がまぐちタイプのマスクケース   ●置いてあるだけで様になる、西陣織シルクの圧倒的な存在感、撥水加工…

関連情報

京都の西陣織を使った和小物|Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)

Atelier Kyoto Nishijin(アトリエキョウトニシジン)では、
日本の伝統工芸品に指定されている西陣織を使った小物
として人気の抗菌マスクケースや財布、ポーチ、バッグ等
を製造販売しています。普段使い出来る可愛い和雑貨を
コンセプトに伝統的な職人技でモダンなったアイテムは、
和物のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

屋号 京都西陣工房
住所 〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館 3階 KRP BIZ NEXT
営業時間 月~金11:00~19:00
定休日:土日祝
代表者名 坂本神司(サカモト シンジ)
E-mail shop@atelier-nishijin.kyoto

特集